軽貨物運送の業務委託ドライバーについて紹介します。

軽貨物運送業とは一体どういうものなんですか?

軽貨物運送業求人

独立開業ドライバー大募集!軽貨物ドライバー募集!という求人広告ををよく見かけます。月に50万円以上可能!なんて記載もありますが、実際のところどういう仕事なんでしょうか?軽貨物運送業は本当にそんなに稼げるものなんでしょうか?


軽貨物運送求人広告

軽貨物運送求人広告


月収50万円以上稼げるの!?この不景気にホンマかいな?

コンビニに置いてある無料の求人雑誌を開くと、上のような求人内容を書いた文章をよく見かけます。かつては「月収50万円以上可能!」なんてデカデカと書いてある業者もありました。

 

この不景気ににわかに信じがたい内容です。本当のところそんなに稼げるの?儲かるの?インチキじゃないの?なんて少し気になるところですよね。

軽貨物運送会社の営業社員が全て本当の事をお伝えします。

ぼくは、軽貨物運送業のドライバーに仕事の紹介をしている会社の現役営業社員です。簡単に言うとドライバーからピンはねをしている「元締め会社」の社員をしています。求人チラシの原稿も作成していて、ドライバーさんの採用から仕事の紹介までほとんど対応しています。応募があれば面接して採用する立場にあります。

 

全てがグレーで怪しいとは言いませんが、とかくクレームが多い軽貨物運送業界です。
これから軽貨物運送をはじめようと考えている方に、少しでも軽貨物運送業の実態がわかっていただけたらと思い、このホームページを作りました。

 

ここに書いてあることは全て真実です。内容を理解していただいた上で、納得して、それでも軽貨物運送をはじめてみようと思われたのなら、開業して是非とも軽貨物運送をはじめてみてください。逆に、とてもやっていけそうにないと思われたら他の業界を探すのもいいでしょう。安易に「稼げる」、「儲かる」的な気持ちではじめたら、「思っていた内容と違う」となってしまいます。

 


 

高額な車両、加盟金、ピンはね、あまり評判が良くない業界です

軽貨物運送のドライバーは業務委託ドライバー、軽貨物運送業、独立開業者、軽貨物ドライバーなどなど、いろんな名称で呼ばれていますが、どれも内容は同じです。正直なところ、あまり評判がよくない業界ではありますが、原因はさまざまです。

 

ドライバー側に責任があって、仕事が続かない場合もあれば、一部の悪徳業者が車両を高額で売りつけたり、高い加盟金をだまし取って評判を落としているのも事実です。委託料から多くの「ピンはね」をする業者も多くあります。

軽貨物運送業とは、経費は全てドライバー負担の個人事業主

自分の車で配達を行う請負の運送業

軽貨物運送業

軽貨物ドライバーは自分の車を使って、業務委託つまり請負という形で仕事をします。そこが軽貨物運送業の一番の特徴です。

 

街で黒ナンバーをつけている軽自動車を見たことがあると思います。
これは通称「営業ナンバー」と言います。個人で運送業をはじめることを陸運局に届けると交付されます。この黒ナンバーをつけている軽車両は、お金をもらって運送の仕事をすることが国から許可されているわけです。簡単に言うと、運送事業の社長さん(個人の事業主)になるわけです。

 

タクシーはお客さんを車に乗せてお金をもらう訳ですが、黒ナンバーは荷物を乗せてお金をもらうのです。そしてこの黒ナンバーの制度は、軽自動車にしか認められていません。

 

仕事は依頼主(荷主)から業務委託という形で直接受けるか、依頼主から仕事の依頼を受けた運送会社から下請けという形で受けます。ほとんどの軽貨物ドライバーは運送会社からの下請けです。

 

この「下請け」こそが、よく求人誌に記載されている「業務委託」ということなのです。あくまでも業務委託になりますので、雇用関係はなく、わかりやすく言うと企業同士の「取引」になります。依頼を受けたドライバーは依頼主の会社へ直接出向いて配送の仕事をします。

 

業務上の必要な経費は全てドライバーの負担になります。万が一仕事中に事故やケガがあったとしても全て自己責任となります。

 

ガソリン代や車の維持費用は全てドライバーの負担

軽貨物運送業

仕事をする上で必要な経費つまりガソリン代や車両維持費用は全てドライバーの負担です。

 

同じ「請負」の働き方をするのが個人の大工さんです。1人親方とも言われています。大工さんに家を建てることを依頼すると、材木、コンクリート、釘、瓦などの材料だけではなく、それを加工するのこぎりや金づちなどの道具も全て大工さんが用意します。

 

軽運送業も同じく「請負」の運送業である以上、業務上の必要な経費は全てドライバーの負担になります。配達に使う車両からガソリン代、保険代、車検代、オイルやタイヤ交換の費用も全てドライバーの負担になります。

 

社会保険等も全て自己負担

 

軽運送ドライバー

社会保険料も全て自己負担、年金も健康保険も自分で加入して支払う必要があります。

 

サラリーマンや派遣社員などは、会社が、健康保険や国民年金などの社会保険料の支払いを毎月行ってくれます。そのため個人が役所や社会保険事務所へ行って健康保険や年金の支払いを毎月行うことはありません。

 

一方、軽貨物運送業のドライバーは、社員ではなく個人事業主であるため、毎月の健康保険や年金などのお金を自分で支払う必要があります。

 

もちろん有給などありません

 

軽運送ドライバー

よほどのことがない限り休むことは許されません

 

サラリーマンと違って有給などありません。毎日の配達を任されている場合、ドライバーが休むと代わりの人はいません。万が一勝手に休んだりすると「欠車」と言って損害賠償ものの事態になります。風邪を引いた、子供の調子が悪い、などの理由で休みことは絶対にできません。ぼくの知り合いのドライバーに、親の葬式にさえ出られなかった人もいます。

 

とはいうものの、冠婚葬祭まで休めないとはいいません。その場合は前もって言っておけば、代わりのドライバーを準備してくれます。

 

軽貨物ドライバーは有給もなければ、休むことも自由にできません。

運転免許と車があれば誰にでも簡単にはじめられる個人事業

軽自動車が1台あれば明日からでもはじめられます

 

軽貨物運送業

定年を迎えた元サラリーマン、リストラや早期退職で会社を辞めた人などは一度試してみても面白いかもしれません。

 

これから新たに仕事を見つけるために何社も面接に行くのは大変なことです。年下の面接担当者に自分の履歴書を見せて、一生懸命に敬語を使うのも疲れます。かと言って遊んでいても収入はゼロです。
軽運送業はあくまでも個人事業の社長さんです。サラリーマン時代とは違った生き方ができます。
はじめてからしばらくして、自分に合わないと思ったら辞めればいいだけのことです。コンビニやフランチャイズ経営のように多額の初期投資が必要なわけではありません。中古の軽自動車が1台あればはじめられます。辞めても軽の車両は自家用車として使えます。

 

ただ、私個人の意見を言わせていただくと、はじめたら最低でも1年ぐらいは続けてほしいです。なんでも途中で放り投げるのではなく、しばらく続けてみてから結論を出しても遅くはありません。

 

女性のドライバーも大勢います

 

最近は女性のドライバーも増えています。もともと荷物は軽自動車で運べる程度の重さですから女性でも問題ありません。配達する商品に医薬品や食料品も多く、荷主さんから女性のドライバーを求められることも増えています。

 

仕事はいたって楽です。配送の仕事はほとんどが運転の時間と言ってもいいぐらいです。車に乗ってしまえば1人の世界、運転が苦にならない人であれば楽な仕事です。

 

他のフランチャイズビジネスも検討してみてください。

 

軽貨物運送業者として独立開業する前に、他のフランチャイズ事業も一度検討されてみてはいかがでしょうか。あなたの努力次第でサラリーマン時代では考えられないような高額な報酬を得ることもできます。
BMフランチャイズとは
・100件以上のフランチャイズビジネスを比較できます。
・フランチャイズ成約時にはお祝い金がもらえます。
・商工会議所が運営するザ・ビジネスモールが運営しています。


正直言って、バイトや派遣の方がいいのでは・・・

実際に軽貨物運送業の現場に立つ者として、業界の実態をこのホームページにいろいろと書きました。

 

もちろん都会や地方で条件面の違いはありますし、仕事の内容によっても稼げるかどうかは違ってきます。たまたまタイミング良くおいしい仕事にあたって、そこそこの収入で楽な仕事をしている人もいます。

 

これだけは言えることは、家族を軽運送業だけで養っていくのは困難です。小さな子どもがいる家の世帯主なら止めた方がいいです。説明会へ行くと、複数の仕事を掛け持ちすればいいなんて必ず言いますが、現実的には無理です。複数の仕事をこなしてようやく1社分の稼ぎになればマシな方です。

 

ぼくはドライバーさんが採用面接に来たとき、「稼ぎたい」という理由で応募してくる方はお断りしています。そんな人は仕事を紹介しても、稼げない現実を知って長続きしません。あまりにも儲からないので、すぐに辞めていきます。
小さなお子さんがいる家庭の世帯主の人も、現実の収入例を説明してお断りしています。養っていくほど稼げないからです。

 

社員はもちろんですが派遣の方が収入はいいですし、何よりも社会保険などの心配もありません。車を運転するときの怪我や修理、維持費などのリスクもありません。派遣で月15万円ほどの収入が見込めるのならそちらの方が正直言っておすすめです。

 

※↓ じつは面接に来られた方にこちらの派遣会社を紹介して感謝されることがあります。リクナビは大手で最も信頼できますし、すんなりと仕事が決まることがよくあります。軽貨物運送をはじめる前に一度ご検討ください。


※↓ マイナビでは、派遣・アルバイト情報を地域や路線、職種、特徴などから検索することが可能です。